平屋の注文住宅の主な魅力と敷地面積に関するポイント

注文住宅を検討する時には、階層が1つのポイントになります。それで平屋の住宅が検討される事も多いです。平屋には生活動線や安全性の魅力があるからです。しかし坪単価は、1つのポイントになるでしょう。

段差がないので安全

注文住宅の階層は、色々あるのです。1階建ての住宅だけでなく、2階建てや3階建てもあるでしょう。平屋とは、1階建ての住宅になります。
1階建ての住宅は、もちろん階段などはありません。特に段差も無い住宅なのです。
このためお子様にとっての安全性のメリットがあります。段差がなければ、お子様がケガをするリスクも低くなるでしょう。

生活動線が楽

また平屋の注文住宅には、生活動線にも魅力があります。
2階建て以上の住宅になりますと、動線が少々複雑になる事も多いのです。1階から2階に移動するのも、少々大変です。ですが平屋なら1階建てなので、階段などで移動する必要もあります。

広い面積の敷地が必要

ただし平屋の注文住宅には、1つ条件もあるのです。やはり、ある程度の敷地面積が求められます。土地の面積があまり狭いと、住宅が窮屈になってしまうでしょう。
このため平屋の注文住宅を建てるなら、坪単価も1つのポイントになります。坪単価が高いと、どうしても住宅の価格が高くなってしまうからです。
ちなみに坪単価は、地域によって異なるのです。一般的には都心部よりも、郊外の方が坪単価は低めになります。ですから平屋の注文住宅を作りたいと望んでいる方々は、しばしば郊外地域に着目しています。