注文住宅の収納の広さや家事動線などの間取り

注文住宅の間取りを決める時には、広さは考慮する必要があります。十分な広さかどうかを確認する必要はありますが、導線も忘れないよう注意が必要です。

収納などの広さは適切か

住宅で快適に居住できるかどうかは、やはり広さに大きく左右されるのです。あまり広くなければ、衣類などの収納が難しくなり、ストレスが高まってしまう事もあります。物を格納できるスペースは十分な間取りかどうかは、よく確認する必要があります。
ただし、あまり広いのも問題です。住宅の空間が広すぎますと、冷暖房の効率も悪くなってしまうからです。

家事動線は問題ない間取りを考える

ところで住宅に居住すれば、もちろん家事をする事にもなるのです。住宅の掃除などは、細かく行う事になるでしょう。
しかし住宅の間取りによっては、家事がやや大変だと感じられる事もあるのです。家事動線の間違いなどは、注意が必要です。
例えば掃除をする際の移動距離などは、軽視できません。毎日掃除をする時の移動距離が長くなってしまえば、家事も大変になるでしょう。
また電源配置の問題もあります。家事の為には、コンセントから電源も確保する必要はあります。注文住宅の設計をする時には、そのコンセントの位置も考える事になるのです。
コンセントの位置を間違えてしまうと、家事の労力は大きくなってしまいます。掃除機の電源を確保したくても、コンセントが遠い場所にあると、少々困るでしょう。
そもそも家事は、毎日のように行う事になるのです。ですから家事効率が問題ない間取りかどうかは、よく確認する必要があります。